木漏れ日の街つうしん

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり誰かさんたちの、大宣伝の結果か?

<<   作成日時 : 2013/03/05 12:06  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130304-00000001-jct-soci

見学会は満員御礼、プラモデルも高評価 嫌われ者オスプレイに「意外な人気」


近く本土での飛行訓練が始まるとして反発の声が高まっている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが、意外なところで注目を集めている。

 普天間基地で行われた見学会には募集開始直後に定員を大きく上回る応募があった上、プラモデルも人気を集めている。

■地元紙はイベントを「宣撫(せんぶ)活動」と批判

 普段と違った形でオスプレイが注目されたのは、2013年3月3日に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で開かれた「ファミリーのためのMV-22見学会」。見学は5つの時間帯に分かれて1時間程度行われ、機内の様子が公開された。オスプレイに関するパネルやビデオ上映が行われたほか、パイロットや専門家に直接質問することもできた。

 このイベントの開催が告知されたのは2月11日。ツイッターやフェイスブックなどソーシャルメディアのみでの告知だったが、在日米海兵隊報道部によると300人の定員に対して約500人の応募があり、4日後の2月15日には募集を締め切るほどの盛況ぶりだった。

 もっとも地元紙はイベントには批判的で、地元の琉球新報は3月4日、イベントを

  「オスプレイ一般公開 『宣撫活動』批判も 普天間」

の見出しで伝え、記事中では識者の

  「一般市民を巻き込んで反対運動を弱めようとするやり方であり、宣撫(せんぶ)活動そのものだろう」

という批判コメントを載せている。なお、「宣撫」とは、「占領地区の住民に占領政策を理解させて人心を安定させること」(広辞苑)だとされている。
.

アマゾンのレビュアー「この形で動かすのは少し難しいのかなぁ」

 プラモデルも注目を集めている。「飛行機のハセガワ」で知られる模型メーカーのハセガワ(静岡県焼津市)は、2013年6〜7月にオスプレイの72分の1モデルを発売予定で、価格は4000円前後を見込む。すでに製品に関する問い合わせも来ているという。

 タミヤ(静岡市)は、イタリアのイタレリ社の72分の1モデルと48分の1モデルを輸入して販売している。すでにアマゾンでも販売されており、48分の1モデルに14件寄せられているレビューの平均点は5点満点中4点で、総じて高評価だ。実機をよく再現できているという声が多い中で、

  「組み立てて感じたことは本物のオスプレイがこのような形で動くということの驚きとやはりこの形で動かすのは少し難しいのかなぁと感じました」

という声もあがっていた。

 オスプレイは、3月6日から8日にかけて山口県の岩国基地を拠点に本土では初めての飛行訓練を行う予定だ。


あれだけ大騒ぎすれば、いやでも注目されるわな…。
画像


これって完全に誰かさんたちの「逆宣伝」効果だろ。(あんだけ、反対すればむしろ見てみたくなるってもんだ。)
画像


国産のオスプレイの販売開始も間もなくです。
画像


プラモデルだけどな。
画像


青島文化教材社がアップしはじめました。
画像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり誰かさんたちの、大宣伝の結果か? 木漏れ日の街つうしん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる